sukepo’sガジェット~スマホ,自作PC~

自作PCやスマートフォンに関する情報を中心に、趣味についても書いています。

最強米国ETF?VOOとは?

最強米国ETF?VOOとは?

こんにちは。sukepoです。

f:id:sukepo:20200913204646p:plain

 

今回は、自分が勉強した内容のアウトプットです。多くの投資系YouTuberの方が紹介しているS&P500に連動したVOOに紹介していこうと思います。

 

目次

 

 【そもそもVOOって何?】

 VOOとはバンガード社が販売しているS&P500に連動しているETFになります。正式名所は"Vanguard S&P 500 ETF"で、S&P500種指数のパフォーマンスに連動する投資成果を目指すETFです。四半期ごとに時価総額加重平均を用いて保有銘柄のウエイトを算定し、リバランスしてくれる特徴があります。

 

投資信託組入れ上位銘柄】

現在(2020/09/13)の上位組入銘柄についてです。

引用元:VOO 銘柄 - バンガードS&P500ETF 投資信託(ファンド)情報 - Bloomberg Markets

 

f:id:sukepo:20200913082647j:plain

現在はGAFAMが最強な時代なので、組入銘柄の上位にはGAFAMが占領しています。それ以降も非常に有名な会社が組み入れられています。

 

【過去10年の成績】

 VOOの過去10年間のチャートになります。非常に力強い伸びのチャートです。今後もここまでの成長はなくてもある程度の成長はしてくれると感じさせてくれます。

引用元:VOOの株価とチャート — AMEX:VOO — TradingView

f:id:sukepo:20200913083628j:plain

 2020年明けに起こったコロナショックは1ヶ月で約-35%の暴落がりました。ハイリターンですが、それなりに値動きが大きいので、いきなり多額を投資するのはリスクが高いかもしれません。

 

【経費率とリターン】

VOOの経費率は驚異の0.03%です。この経費率は非常に安いと言えます。また、直近5年のリターンは13.47%です。リターンも非常に高い部類になります。

 

【VOOが買えるおすすめの証券会社】

 多くの投資系YouTuberの方が紹介されていますが、楽天証券SBI証券が圧倒的におすすめです。非常に使いやすく、スマホ版のアプリもあるので利便性も高いです。更にネット証券は人件費が多くかからないことから経費率が非常に低いのが特徴です。お金を増やしたくで投資するのであればネット証券一択でしょう。